卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージとアドバイス

進学実績で毎年確実な成果をあげている愛知高等学校。一人ひとりの目標に対応した適切な指導が効果をあげ、ほとんどの生徒が希望に添った進学を果たしています。

また、同じ学校法人愛知学院に属する高等学校ならではの推薦制度も十分に生かされ、愛知学院大学への進学率も毎年高いものとなっています。

そんな希望通りの進学を実現した卒業生が、高校時代の思い出や進学に関するアドバイス、そして後輩の皆さんへのメッセージを語ってくれました。3年間の高校生活を有意義に過ごすために大いに参考になることでしょう。

名古屋大学 理学部 K・Y(S中学校)

高校時代にクラスのみんなと一緒に受験勉強に励んだ時間は本当にかけがえのないものでした。僕らのクラスでは互いに教え合ったり、授業後も教室に残って勉強したり、先生方も僕らを支えるために全力でサポートしてくれました。一生の思い出に残る素敵な3年間でした。

広島大学 法学部 法学科 S・Y(M中学校)

僕が中学生のみなさんに伝えたいことは一つだけです。愛知高校の先生を信じてついて行ってみて下さい。必死について行ってください。そうすれば、塾や予備校に行かなくとも、みなさんの望む道は開くはずです。僕以外にもそうやって夢を叶えた先輩達が沢山います。ぜひ愛知高校に飛び込んで夢をつかんでください。

岡山大学 医学部 保健学科 放射線専攻 S・K(K中学校)

私は三年間選抜クラスで過ごし、ダンス部に所属していました。勉強と部活の両立をするのは苦労すると思われるかもしれませんが、私の場合はどちらもやり遂げることができました。高校生活は一度だけですから、自分のやりたい事にはぜひ挑戦してみてください。そしていろいろな経験を積んで下さい。

東京大学 理科二類 K・Y(A中学)

私の合格は私個人の力だけではなく、私を指導して頂いた先生方のお力も合わせて成し得たものだと思っています。また人生は「出会い」だと思っています。私の場合、中学一年のときに担任になった先生との出会いがなければ、この大学に合格できなかったと思います。良き「出会い」に感謝しています。